綺麗な肌の友達

大学時代、とてもかわいい同級生がいた。
先輩からの人気も絶大で、
私の周りの女子はちょっとやきもち焼いたりして、
コンパのたびに「あいつばかりがなぜもてる!!」
と叫ぶ人さえ出る始末。

でも、本当にかわいい人だった。
また性格もいいからなおさらである。

でも一番の人気の秘密はその抜けるような美しい肌だった。
とにかく彼女のような肌がゆで卵肌と言うんだろう。
つやつやで真っ白。
触るともう・・・・何??この感触?!って感じなのだ。

どんな化粧品を使ってるのかとかもちきりだった。
結局聞かなかったけど。

彼女は石川県金沢市の生まれだったので、
東北の人は綺麗なんだなあと思っていた。
でもやはり努力をしていたようだ。

下宿生だったにも関わらず、飲み会が苦手だったので、
ほとんど参加せず、
夜の9時には寝て朝の6時には目覚める。
そして講義をサボったことがなく、
食べるものもとてもこだわっていた。

例えば実家から送ってきたものだけで済ますとか・・。
もちろん外食は滅多にしない。

健全な精神から健全な肉体は生まれるとは言うが、
彼女ほど当時に大学生らしからぬ美女は周りにはいなかった。
ちょっと浮世離れしていたかなあ・・・。
そこがまたもててましたが(笑)

Comments are closed.

Categories
Bookmarks